L O A D I N G
メディア掲載

PUBLICATION

  1. HOME
  2. メディア掲載
  3. 「日本経済新聞 電子版」に掲載されました。

「日本経済新聞 電子版」に掲載されました。

採用活動で文章と写真だけでは自社の魅力を伝えきれないと考える企業が増えている。新型コロナウイルス下で失われた学生との接点を取り戻すべく、社内の雰囲気を動画で伝えようと工夫を凝らす。就活生に対しても、自己PRを録画させて選考に役立てる動きが広がっている。押し寄せる情報と新形式のアピールチャンスを生かせるか、就活生の対応力が問われる。

社内潜入動画を配信

「今日は本社に潜入していきたいと思います」。バンダイが2月に公開した動画はユーチューバーさながらの明るい掛け声で始まる。楽しげに語り合う社員の姿を、華やかなテロップや効果音と共に映し出して社内の様子を伝える内容だ。

動画でリポーターを務めた人事部の勝野由麗氏は「就活生との接点を増やしたい」と話す。背景にあるのは新型コロナ下で対面式の合同説明会が中止になり、学生との出会いが減ってしまうのではないかとの危機感だ。そこで若者から人気のユーチューバーを参考に、社内の雰囲気を伝える動画を制作した。公開後、多くの学生に再生され、2022年卒のエントリー数は21年卒と比べて約1.5倍に増えた。

「(あらゆるモノがネットにつながる)IoT、VR(仮想現実)、サステナビリティー(持続可能性)、どの企業も流行の英語ばかり」。TDKは5月に「就活あるある」を歌い上げるミュージカル風の動画を公開した。広報グループの井上剛氏は「学生との距離感を縮めたい」と考え、共感を得られるような内容にしたと話す。

動画のテーマは「(T)尖(とが)った(D)大胆さ、(K)くれよ」。人事部の加賀谷逸香氏によると、求めるのは「大胆な発想ができて、臆さずにアイデアを出せる」人材だ。新型コロナ下で就活生との接触がオンライン中心になるなか、若手が活躍できる自由な社風を動画で伝える。

似通ったエントリーシート(ES)を何枚も渡された社員が「学生団体の代表って何人いるの」とあきれるシーンも用意した。就活生がドキッとするような演出だが、井上氏は「マニュアル通りのアピールよりも、個性を出してもらった方が信頼関係を築きやすいと伝えたかった」と話す。

採用活動支援を手がけるリンクアンドモチベーションの高嶋大生氏は、動画は学生からの内定承諾率を向上するのに有効なツールだと語る。「新型コロナ下で社風が伝わりにくくなり、就職先を決められない学生が増えた。動画では言語化できない雰囲気を伝えられる」と説明する。一度公開すれば多くの学生が視聴でき、採用の効率化にもつながる。

就活生は増え続ける動画をどのように追うべきか。高嶋氏は「専用のアカウントで企業をフォローすれば情報が埋もれない」と助言する。文字が多い説明会の動画は移動中も視聴できるが、社員座談会などは「落ち着いた環境で集中して見る方がいい」と話す。社員の雰囲気を感じるには表情や話し方をしっかりと見る必要があるとし、目的に応じて視聴方法を分けることが大事だと説明した。

自己PRも録画で

上智大学3年生の女子学生は2021年夏、4社のインターンの選考で自己PRなどを録画して提出した。「面接と違って何度も撮り直せるのが利点だ」といい、1分間の動画に1時間かけて納得できる映像を作り上げた。「ESの文章は『である』という語尾が続き、冷たい印象を与えそうで不安だ。動画の方が人となりが伝わる」と話す。

三井化学は本選考やインターンの選考で録画形式を取り入れている。これまでの選考で技術系には「専門外の人にもわかるような研究内容の説明」を、事務系には「あなたらしさを表すエピソード」を動画で提出させた。人事部の櫨山義裕採用チームリーダーは「物事をわかりやすく相手に伝えることができるか」などの点を評価したと狙いを明かす。

「顧客が化学に詳しいとは限らない。社内でも化学分野だけでなく、機械や電機の知識を持つ社員もいるため、バックグラウンドが異なる相手にもわかりやすく伝える力が求められる」と説明する。必須となる能力を評価した上で内定を出すことで、入社後のミスマッチの防止にもつなげる考えだ。

櫨山氏は就活生に「自撮り」ではなく誰かに撮影してもらうことを勧めている。「自分のことを良く知る友人などに、自分らしさが伝わる動画になっているかフィードバックをもらうとよいのではないか」と助言した。

次世代のスタンダードに

SNS(交流サイト)を使って認知度を高めた企業も現れた。求人広告代理店のリソースクリエイション(東京・文京)は21年4月から、動画投稿アプリ「TikTok」を使った採用PR活動を本格化した。奔放な内容が話題となり、22年卒では5人の募集人数に対して530人以上が選考を申し込んだ。

中でも「取締役にタメ口使ってみた」と題された動画は、8000超の「いいね」が付いた。SNSの運用を担当する西川唯香氏は、就活生以外もターゲットに入れて動画を投稿していると話す。「TikTokはユーザーの年齢層が低い。近い将来に就活生になる中高生にもアプローチしている」(西川氏)

企業のPR動画を制作してSNSなどで配信するNewsTV(東京・港)には、採用活動向けに動画を作りたいという問い合わせが相次ぐ。同社ではユーザーが動画の視聴をやめるタイミングを分析しており、就活生がスマホで再生した際に途中で離脱しないように若い社員を出演させるなどの工夫を重ねている。

NewsTVの杉浦健太代表取締役は「この20年で新卒採用を実施する会社のほとんどがホームページを持つようになったように、5年後には採用で動画を活用しない企業は無くなる」と予想する。「今の就活生より若い世代にとって、動画で情報を取得するのは当たり前のことだ。彼らに『仕事のやりがい』を文字で並べても伝わらないのではないか」と指摘した。

TDKの井上氏は学生を飽きさせないインパクトを求めた結果、ミュージカルにたどり着いたと話す。従来のブランディングからは一線を画した内容となったが「ここまで振り切らないと学生には響かないだろう」と考えて動画を公開した。「新型コロナの影響で来社しにくい状態が続くなかで、動画を通じてどのように企業を印象づけるかが今後も大事になる」(井上氏)

動画の活用が企業と学生の間の溝を埋める手段として広がるなか、新型コロナの収束が見通せない現状に対応する柔軟性が就活生にも求められている。変化に取り残されないことが、効率的で相互の理解度が高い就活につながる。

(赤堀弘樹)

本件に関するお問い合わせ

株式会社リソースクリエイション
広報担当:西川
電話番号:0120-560-562
メールアドレス:sns@rc-group.co.jp

関連メディア掲載