RCの人事(ひとこと)

INFORMATION

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 企業サポート事業
  4. 【進化をご覧に入れましょう…!】あなたの休眠アカウント、採用ツールへ復活させませんか?

【進化をご覧に入れましょう…!】あなたの休眠アカウント、採用ツールへ復活させませんか?

こんにちは、RCの人事(ひとこと)名付け親のひろしです。

人物紹介:ひろし
リソースクリエイションの取締役。えらい人。
ドラゴンボールは、フリーザ編でベジータが震えているシーンが好き。

突然ですけど、SNSってすごいですよね。気になる芸能人や知人の人となりもわかったりするし、共通の趣味の方ともお知り合いになれたりするし、無料だから導入コストもかからないし、なんていうか、すごくすごいですよね。
「よっしゃ、会社のアカウントを作ってどんどん情報を発信していくで!」と”企業ブランディング”の1つとして活用される企業様も多いことでしょう。
が、しかし。実際の運用って地味に大変なんですよね…。意気揚々と投稿しても、気づけば1年以上更新0。そんな休眠アカウントがネットの海に漂っている現状もあります。

休眠アカウントが誕生する背景

  • 他の業務と兼任だから時間が足りない
  • 投稿のネタを探すのが面倒
  • 何が効果的な投稿なのかわからない

やった方がいいって分かってるんだけどなあ…」という声が、モニター越しに聞こえてきます。わかる、わかりますよ~! ”広報担当”のような専任スタッフがいる会社ならいざ知らず、他の業務と兼任でSNSの運用を行なっている方であれば、上記にあげた理由から、「まあ…、あとでいいか」と優先順位もモチベーションもだだ下がりになる傾向があります。せっかくのいいサービスも、継続していかないと宝の持ち腐れに…。RCでは、そんなお客様のために、採用に特化したSNSの運用代行サービスを提供しています。

RCがSNSを採用ツールとしてすすめる理由

  • 企業ブランディングしやすい
  • SNSから内定に結びついている
  • ターゲットが決まっているからネタ不足にならない

前提として、求職者に選ばれる会社にならなくてはいけない、という採用市場の変化があります。特に設立から間もなく、規模も小さいベンチャーであれば、どこよりも明確な差別化が必至。弊社も、もれなくそのパターンでした。当時はマンションの1室で、社員もたったの5人。どこをフォーカスして、求職者へ魅力をアピールしていこうと考えたとき、思いついたのが”社員同士の仲の良さ”。その時、大事にしていたのは、「リアルを伝える」ということ。
実際にご覧いただくとお分かりと思うんですが、弊社の素の様子を投稿することで、”RCらしさ”というブランディングを構築しています。その結果、「会社の雰囲気に惹かれた」と入社を決意してくれた社員も。「一緒に働く人なら、ウチの雰囲気もよくわかってほしい」と思って始めたこともあり、とても嬉しかったですね。採用実績も作れたことで、「社内イベントや普段の飲み会もネタになる!」とネタ不足からおさらばできました。

RCにSNS運用を任せるメリット

  • 採用実績もある人材業界のプロが代行
  • ハッシュタグや画像加工など一貫で対応
  • 会社側は画像の撮影と共有のみ

お客様にご協力いただく点としては、ターゲットや社風などのヒアリングと投稿用画像の撮影・共有のみ。その後はハッシュタグの付け方から投稿する時間帯、画像の加工など、1つの投稿にかけていた時間やコストを人材業界に精通しているスタッフが代行します。また、弊社に任せる一番のメリットとして“自らがモデルになる”という点があげられます。ユーザーの反応数の分析はもちろん、採用市場やSNS上でのトレンドを把握した上で、最適な運用を行なっています。

実際にサービスを開始してよかった点

  • お客様への「いいね」数もフォロワー数も右肩上がり
  • お客様側の手間がほとんどない
  • 面接時の会話がスムーズに

運用代行をご利用いただいたお客様のアカウントは、軒並み順調に「いいね」数もフォロワー数も右肩上がり。実際の運用が始まると、お客様は写真の送付だけですので、お客様の負担も劇的に軽減しました。お客様の中には、面接前に「ウチのSNS、見てみてください」と求職者に言うことでミスマッチ防止にも役立ててくださっているとか。ありがとうございます!

今後やりたいことは?

5Gの社会実装も間近に迫っているので、動画を用いたPRや採用手法にも力を入れていきたいと考えています。膨大な情報量を一瞬で入手できるようになると、従来の求人広告も動画が中心になってくるかもしれません。そんな時代になっても、“全ての業種の採用を多角的にサポートしていく”存在として、採用支援を行なっていきたいと思います!

今すぐお問い合わせ

ひろしでした!

関連記事