インターネット広告

WEB ADVERTISEMENT

インターネット広告最大の強みはターゲットを絞って訴求できること。
ピンポイントなアプローチが可能だからこそ、訴求力を高めることができ、高い費用対効果を実現することができます。

提供可能サービス

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用した際に、検索したキーワードに関連して表示される広告のことです。
キーワードごとに広告を表示させることが可能で、配信するターゲットも性別や年齢、エリアなど細かく設定できます。クリック数に応じて費用が発生するため、費用の上限を決めることで低予算からでも広告運用をはじめられます。
ユーザーが興味を持って検索したキーワードと連動した広告のため、コンバージョン率が高く顕在層の顧客獲得に適しています。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリケーションなどを閲覧している際に指定された広告枠に表示されるバナー広告のことです。
広告を表示させるサイトのテーマを設定でき、配信ターゲットの設定も可能です。一度訪問したサイトのバナー広告が追いかけるように表示される「リターゲティング(リマーケティング)広告」もこの広告です。
バナー広告はユーザーに対し視覚的にアプローチできるため、クリエイティブにより注目度をアップさせることができます。

ネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、広告媒体となる多数のWebサイトを集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、ネットワーク内の様々なサイト上に広告を掲載する仕組みです。
この広告を活用すれば、アドネットワーク事業者が様々なサイトとの掲載手続きを代行してくれるので、出稿したい広告媒体と一つ一つ契約する必要がなく手間が大幅に省けます。
また、自動でコンバージョン率の高い最適な出稿媒体を選定してくれるので、新しい広告媒体を探さずに安定したボリュームで広告を出稿することができます。
表示形式はバナー広告が中心のため、ディスプレイネットワーク広告と同様「潜在層」へのリーチに適しています。

ソーシャルメディア広告(SNS広告)

Instagram、Twitter、LINEなどのSNS上に表示される広告です。
サイトへのコンバージョンだけでなく、アカウントのフォロー数やいいね数を増やすこともでき、他の広告よりもユーザーと自然なつながりを築けます。
ソーシャルメディア広告は、それぞれのSNSのユーザーの特性(年齢層・価値観など)に合わせたクリエイティブにすることが肝です。
ユーザーのタイムライン上に表示されるため、ネットスラングを使ってユーザーとの距離を縮めるなど通常の広告よりもフランクなクリエイティブで反応を得やすい傾向があります。